IT

IT環境に適したパワフルストレージソリューション

世界最大レベルのエンタープライズ環境で実績のあるストレージ製品が、究極のパフォーマンス、柔軟性、信頼性を実現します。仮想化、ビジネス継続性、データ保護などニーズにかかわらず、Promiseなら、具体的なニーズに合ったソリューションを提供できます。

  • データがすべて

    データはビジネスの生命線です。ストレージソリューションは、貴重なデータの安全と可用性を確保するために導入されます。データの安全性を確保するには、実証済みのソリューションを選択することが重要です。しかし、多くのストレージソリューションは過度に複雑で、IT部門の頭痛の種となっています。このことは、管理や維持の容易なソリューションを必要とする、SMB ITに特にあてはまります。
    IT部門は、限られたスタッフと予算で増加の一途をたどるデータをすばやく利用しなければならないという問題にしばしば直面します。「ワンアプリ/ワンサーバー」モデルでは、物理サーバを不規則に拡張させ、活用されないサーバや費用の増加をもたらしているため、多くの企業は効率を上げるために仮想化に移行し始めています。

  • 仮想化は世界的トレンド

    クラウドコンピューティングのインフラには、柔軟性と効率的なストレージ管理が求められます。仮想化は、ダイナミックなストレージの配置を可能にし、ストレージの物理レイヤーを最も効率的に活用できます。Promiseのストレージを使えば、サーバ仮想化のすべての利点を手に入れることができ、パフォーマンスと多用途性を大幅に高めることができます。物理的サーバを減らして仮想化サーバへ移行することで、月々の電気代や空調代が減り、データセンターの全体的なフットプリントが削減されます。サーバの数が減れば、必要なネットワーク機器やラックの数も減るからです。さらに、メンテナンスの費用や作業も削減できます。

ソリューション

  • VAAIサポート

    VAAI(vStorage API for Array Integration)は、VMwareサーバ仮想化ハードウェアからストレージアレイへ提供されたシンプロビジョニングなど、特定のストレージタスクを有効化するVMwareのAPIフレームワークです。VAAIを利用するストレージ管理者のために、ストレージベンダーはVAAIに対応する必要があります。
    Vess R2000とVTrak x30ストレージソリューションは、VMWare VAAIに対応しています。VMware vSphere ESXiホストのリソースのオーバーヘッドを削減し、ストレージクローニング、ゼロニングなどストレージ集中型オペレーションのパフォーマンスを大幅に改善します。

  • 認められた卓越性

    PROMISEのストレージシステムは、VMware vSphere、Citrix XenServer、Microsoft Hyper-V、DataCore SANsymphony-Vなど、幅広いソリューションから認証を得ています。仮想化の実装が増えるのにともない仮想化装置もさらに増えるため、最適化されたパフォーマンスが、シンプルでコスト効率の高い10GbE iSCSIインフラにより、クラウドやデータセンターに必要な帯域とストレージを満たすよう加速化されます。

  • ビジネス継続性

    ダウンタイムは、企業に大きな打撃を与えるなど深刻な結果を生む可能性があります。したがって、企業は、システムがさまざまな障害やサービスの中断から、すばやく復旧できる方法をみつける必要があります。冗長性設計を備えた高可用性ストレージは、そのための欠かせない要素です。
    時間の経過と共にドライブや電源などその他のコンポーネントに障害が発生します。障害が発生したコンポーネントを交換する間、システムをオフラインにするのではなく、オンラインの状態を維持しておくことは必須です。企業がファームウェアやソフトウェアをアップデートしたり、夜間のバックアップなど定期メンテナンスを実行したりする必要がある場合、システムはオフラインになります。このような事象による影響を最小限に抑えるソリューションを導入することが重要です。

  • 冗長化コンポーネント設計

    VTrak x30シリーズとVess R2000シリーズは、可用性の高いデュアルコントローラのストレージソリューションです。つまり、1つのコントローラに障害が発生し、もう1つがフェイルオーバーしても、ホストには同レベルのデータサービスが維持されます。さらにVessとVTrakは、システムのダウンタイムを削減する冗長性電源設計を搭載しています。

  • ホットスワップ可能なモジュラー設計

    VessとVTrakは、ドライブベイや電源などホットスワップ可能なコンポーネントを備えた、モジュラー型のRAIDストレージサブシステムです。1つのコンポーネントに障害が発生した場合、システムをシャットダウンすることなくコンポーネントを簡単に交換でき、データサービスは中断なく継続されます。

  • スムーズなファームウェアアップデート

    システムをシャットダウンしなければならない従来のファームウェアアップデートとは異なり、VessとVTrakに搭載したPerfectFlashなら、システムをシャットダウンすることなくファームウェアをスムーズに更新でき、今までの更新によるダウンタイムを大幅に削減できます。

  • PerfectRebuildとPerfectPath

    PROMISEのストレージソリューションには、RAIDアレイの再構築時間を大幅に減らす独自のPerfectRebuildを搭載しています。I/Oやその他ミッションクリティカルなタスクをホストするために、CPUリソースをすばやく解放し、システムのダウンタイムリスクを減らします。さらに、PROMISEのソリューションにはホストとサブシステムの間に複数のパスを提供するPerfectPathが搭載されており、パスに障害が発生した場合、別のパスが負荷を肩代わりして、データ可用性を維持します。

  • データ保護は贅沢ではなく必要

    ドライブの故障。ハイエンドのストレージの世界でも避けては通れません。RAIDストレージが非常に重要である理由がそこにあります。障害が発生したドライブを再構築している間、第2のドライブで似たようなエラーが発生しり障害が生じたりすると、ハードドライブのサイズと物理ドライブの合計容量は、幾何学的に増加します。再構築に時間がかかれば、それだけデータ損失のリスクも増加します。RAID 5では、最初のドライブの再構築中にもう1台ドライブに障害が発生した場合、ほぼ100%のデータが失われます。
    パフォーマンスクリティカルなアプリケーションで使用されているRAIDのストレージアレイは、一般的にライトバックキャッシュモードで操作するよう設定されています。ライトバックキャッシュで書かれたデータは、ディスクに書き込まれるまでは不安定な状態と言えます。通常、停電の際はBBUが、データを72時間キャッシュに保存します。 しかし、もしシステムの電源復旧に72時間以上かかる場合はどうなるでしょう?

  • 災害に備える

    災害復旧プランを作成するとき、次の点を考慮する必要があります。

    • 災害時、一時的に影響を及ぼすものは何か?
    • どのくらいで生産体制にもどれるか?
    • 復旧できるのはどの時点か?
    • まかなえる通信帯域はどの程度か?
    • 距離要件を基準にすると、どの災害復旧方法が実現可能か?

    さまざまな場所でさまざまな災害に遭遇する可能性があり、ビジネスの地理的影響は非常に多岐にわたると考えられます。

  • プレディクティブデータマイグレーション

    プレディクティブデータマイグレーション(PDM)は、PROMISEのストレージに搭載されている独自のテクノロジーです。ドライブの障害を、発生前に事前に検出し、データを他のドライブへ移行させます。PDMはデータ損失の可能性だけでなく、物理ドライブが同じように危険な状態に陥る可能性を大幅に削減します。

  • 先進のバッテリーフラッシュバックアップ

    PROMISEのストレージは、先進のバッテリーフラッシュバックアップ機能を備え、72時間の通常のバックアップ時間以上にRAIDキャッシュを保護します。BBUモジュールの電力を使用して、RAIDコントローラの書き込みキャッシュデータ(DDR3 DIMMが保持)を、非揮発性NANDフラッシュメモリに保存。これにより、キャッシュの保護時間を一般的なBBUが提供している72時間を超えて、大幅に延長します。

  • 災害復旧計画

    災害復旧とは、災害が起きたときに遠隔地から一連のリソース、プラン、サービス、および手順を復旧させ、ミッションクリティカルなアプリケーションを継続できるようこれらを元通りに戻すことと定義されます。VessR2000などPROMISEのストレージは、DataCoreに認定されており、災害復旧計画に欠かすことのできない要素です。DataCoreは、スナップショット、遠隔複製、シンプロビジョニング、CDP、データティアリング、データ移行など、包括的なデータサービス機能を提供します。

関連製品

VTrak E5000 シリーズ

SAN & ダイレクトアタッチアクセス用エンタープライズ HA RAID ストレージが 16GFC & 12G SAS へアップグレードしました!
広帯域、低遅延、高度な RAID 保護はリッチメディアと HPC 共有ストレージに最適です。
4u24、2u24 を選択可能。3u16 と 2u12 も近日発売されます!

さらに詳しく

VTrak J5000シリーズ

The VTrak J5000 Series are redundant SAS/SATA JBOD expansion units for cloud and enterprise data centers. The VTrak J5000 Series allows users to leverage the advantages of 12 Gb/s SAS technology to help optimize performance for the bandwidth intensive, high-performance requirements of enterprise level storage.

さらに詳しく

Vess J2000 シリーズ

VessJ2000シリーズは、高可用性かつ柔軟性を備えたビルディングブロックをコスト効率の高いパッケージに収めた堅牢なストレージ拡張プラットフォームです。シンプルに管理可能であり、アプリケーションの要求を満たしています。

さらに詳しく

Vess R2000 シリーズ

VessR2000シリーズは、ファイバーチャンネル(8Gbps)、NAS、iSCSI (1Gbpsと10Gbps)ホストコネクティビティを1つのボックスに収めた、高可用性の統合ストレージソリューションです。SMB向けの、高性能でコスト効率の高い柔軟性を備えたストレージを提供します。VessR2000シリーズを使用すれば高水準の柔軟性を備えたストレージサービスのプランニングが可能です。

さらに詳しく

VTrak Jx30 Expansion Chassis シリーズ

外部マルチレーンの6G SASホストインターフェイスで最大24Gb/sの帯域を提供するVTrak x30シリーズは、ストレージ アプリケーションが驚くべき速さでデータへのアクセスを実現。6G SASアーキテクチャは、膨大な帯域の可用性を開拓し、ネットワーク上に存在する非構造化データの洪水にも対応します。

さらに詳しく

VTrak Ex30 RAID Subsystems シリーズ

PROMISE VTrak x30シリーズは高性能な高可用性RAIDストレージサブシステムありストレージのエコノミクスを根底から覆します。購入からセットアップ、操作からアップグレードまでPROMISEのストレージは比類なきパフォーマンス、信頼性、そして価値をご提供します。

さらに詳しく

VTrak A-Class シリーズ

VTrak shared SANは、複数のユーザーが同時に取り込み、編集、ストリーミング、プロセシングを行うのに最適なアプライアンスです。メタデータコントローラと一体化したVTrakFS™ファイルシステムソフトウェアは、 VTrakプライマリストレージの生産性を1つのボックスで可能にし、VTrak A-Classとして管理をより簡素化します。

さらに詳しく

著作権©2017 Promise Technology Inc.無断複写・転載を禁ず。 / 利用規約 / 個人情報保護方針 / お問い合せ